PageTop

産後ヘアケアのQ&A

産後の白髪染めはいつからできますか?

産後の白髪染めはいつからできますか?

投稿日2018/04/13

 

 

産後は何かと体調を崩すことが多い時期。

 

 

体の不調とともに、「抜け毛」や「白髪」という髪のトラブルに
悩まされることもしばしば・・・。

 

 

産後に白髪が増えてしまうと
テンションが下がってしまいますよね・・・。

 

 

たとえ産後の一時的な白髪だとしても
すぐに元に戻るということは考えにくいですから
「白髪染め」を使おうと思う方も多いと思います。

 

 

では、そんなデリケートな産後は
いつから「白髪染め」が使えるようになるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

 

白髪染めって体に良くないの!?

 

 

もともと、白髪染めを含むカラーリング剤自体、
体にあまり良くないものと言われていたりするので
産後はより慎重になりますよね。

 

 

実際に「ツーン」という刺激臭がしたり
頭皮が痒くなったり痛くなったりする方も多いのではないでしょうか。

 

 

その理由は、アレルギー反応が出やすく、刺激の強い
ジアミン系の化学成分が多くのカラーリング剤に含まれているからなんです。

 

 

また、そういった成分が頭皮から体内に入り、
蓄積されるので注意が必要という意見もあります。

 

 

これには「体内で分解・解毒されるので問題ない」という意見もありますが、

 

 

白髪染めに多く使われている「パラフェニレンジアミン」は
その発がん性にEU諸国などでは使用禁止になっているくらいなので
やはり軽く考えないほうが良いでしょう。

 

 

白髪染めなどのカラーリング剤にジアミン系の成分を使う理由は
「染まりが良い」という理由があるからなのですが、
産後でなくても慎重に考えたいところです。

 

 

産後いつから使えるの!?

 

 

ということですので
授乳中は避けたほうが無難!

 

 

もし体内へ入るということであれば血液を介して
母乳にも影響がでる可能性が考えられるからです。

 

 

そして、授乳はしていないというママであっても、やはり体調が不安定な
産後半年〜1年半くらいは白髪染めなどのヘアカラーは
控えたほうがよいということになります。

 

 

特に市販の白髪染めの薬剤は刺激が強いので
セルフで行なうことは避けてください。

 

 

非ジアミン系の白髪染め剤をつかう美容院があれば
相談してみても良いかもしれませんが、

 

 

美容院によっては、産後はやはり体調が不安定ということがありますので
行わないところもありますので事前によく確認してくださいね。

 

 

では、産後は白髪ケアができないかというと
そんなことはありません!

 

 

大丈夫です。道はあります!

 

 

産後に人気なのは「カラートリートメント」

 

 

そんな中、産後ママにも
人気を集めているのがジアミン系不使用で自宅でできる
天然由来染料の「ヘアカラートリートメント」です。

 

 

天然由来染料使用といっても化学成分由来の染料なども使用しているので
人によってはアレルギーが出る場合もあるので
絶対安心ということはないのですが、

 

 

産後ママに人気の「カラートリートメント」は非ジアミン系で、
できるだけ低刺激に作ってあるのが特徴です。

 

 

ヘアカラートリートメントの使い方

 

 

使い方は商品によって少しづつ違いますが、

 

 

基本的にはシャンプーの前か後に髪全体に塗って
10〜30分くらい置いてからすすぐ感じです。

 

 

始めは2〜3日続けて使って、その後は一週間程おきに使う
ものが多いです。

 

 

時間が少しかかるので、旦那さまなどに赤ちゃんを見てもらう必要はありますが、
ちょっとした息抜きにもなるかもしれませんね♪

 

 

運動量的には体調が戻っていたら産後1〜2ヶ月くらいから始められそうですね。

 

 

トリートメントの成分にも注意が必要

 

 

実は、人気のカラートリートメントなのですが
カラートリートメント含み多くのトリートメント剤に入っている
「カチオン(陽イオン)界面活性剤」にも注意が必要なんです。

 

 

成分表には「〜クロリド」「〜プロミド」と書かれている成分なのですが、

 

 

多くの市販のシャンプーに入っていて
抜け毛や薄毛の原因では?といわれている
硫酸系界面活性剤(ラウリル硫酸Naなど)の
何十倍も毒性が強いものもあるとのこと・・・。

 

 

「柔軟作用・殺菌作用」があるため配合されているのですが、
注意が必要な成分です。

 

 

え!?でも普段からトリートメント使ってるよ!?

 

 

という方も多いと思いますが、

 

 

そういう場合は成分を確認して、
カチオン系界面活性剤が入っているようであれば

 

 

毛先の方だけに使って、せめて頭皮に近い部分には
使わないようにしましょう。

 

 

カラートリートメントの場合は髪につけた後、
長めに放置するので、頭皮から入ってしまう可能性が高いので、
普段のトリートメント以上に十分注意したいところです。

 

 

つまり「非ジアミン系」で、なおかつ
「カチオン系界面活性剤が入っていないもの」を選びたいものです。

 

 

産後におすすめのカラートリートメント!

 

 

ということで人気の非ジアミン系カラートリートメント剤10種類以上を調べたところ
「カチオン系界面活性剤」が入っていないものは

 

 

こちらの「利尻ヘアカラートリートメント」だけでした。(汗)

 

 

 

化学成分も配合されているのですが比較的低刺激なものが使われています。
(ただしアルカリアレルギー等ある方は注意が必要なので、敏感肌の方は
必ずパッチテストを行ってくださいね。)

 

 

こういった成分へのこだわりが人気につながっているのだと痛感しました。

 

 

カラーはライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラックの4色です。

 

 

利尻ヘアカラートリートメントの成分

 

水(特殊水)・ベヘニルアルコール・ステアラミドプロピルジメチルアミン・ミリスチルアルコール・パルミチン酸エチルヘキシル・ミツロウ・リシリコンブエキス・ローヤルゼリーエキス・アルギン酸Na・加水分解シルク・加水分解ケラチン・カキタンニン・乳酸・乳酸Na・水添ヤシ油・ローマカミツレ花エキス・ローズマリーエキス・ミリスチン酸・ボタンエキス・プラセンタエキス・フユボダイジュ花エキス・パーシック油・ニンニクエキス・トコフェロール・センブリエキス・セイヨウキズタエキス・セイヨウアカマツ球果エキス・ステアリン酸グリセリル・ゴボウ根エキス・ゲンチアナエキス・カワラヨモギエキス・カミツレエキス・オランダカラシエキス・オドリコソウ花エキス・オタネニンジンエキス・オクラエキス・エタノール・イソペンチルジオール・アルニカ花エキス・アルテア根エキス・PEG-40水添ヒマシ油・オオウメガサソウ葉エキス・ユズエキス・キトサン・塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン・システイニルプロアントシアニジンオリゴマー・PVP・ヒドロキシエチルセルロース・セテアリルグルコシド・ポリ-γ-グルタミン酸Na・加水分解コンキオリン・水酸化K・BG・ポリクオタニウム-10・フェノキシエタノール・水溶性アナトー・クチナシ青・シコンエキス・ウコンエキス・4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール・HC青2・HC黄4・塩基性青99

 

 

良い口コミの多数意見

 

 

リピ(リピート)です。

 

においが穏やか(ツンとしない)

 

肌に優しい

 

髪に艶がでる

 

手軽に染められる

 

まとめ買いしてます。

 

 

悪い口コミの多数意見

 

 

容器が固く使いづらい(量が少なくなると特に)

 

色落ちが早い(数日〜1週間)

 

 

ヘアカラーほどはもともと1週間くらいで色が落ちてしまうものが多いので
色落ちが早いというのは仕方のないことだと思います。
ですが、1〜2週間もつという意見もありました。

 

 

その他気になる意見

 

 

爪の間に色が入るので手袋をした方がよい

 

汗をかくと色落ちします。(汗に色がつく)

 

タオルなどに色がついても洗濯すれば落ちる

 

 

他には「良く染まる」という意見と「染まりが悪い」という意見が混在していました。
こちらは髪質や髪色や選んだカラーとの相性などにもよると思うので
一概にどっちとは言えない点だと思います。

 

また、回数を重ねるごとに染まりがよくなるという意見もありました。

 

 

 

 

 

少量の白髪におすすめなのは「簡単ひと塗り白髪カバー」

 

 

テレビショッピングをみていて、これは産後の白髪によいのでは!?
と思ったのがドクターシーラボの「簡単ひと塗り白髪カバー」

 

 

 

 

産後ってヘカラートリートメントなどを使って全体的に染めるほど
白髪になってない方も多いのでは?と思ったんですよね。

 

 

口コミを確認したら、やっぱり産後に使用されている方もちらほら
いらっしゃいました。妊娠中に使っている方もいらっしゃいました。

 

 

塗布部分にくしのようなものがついていて
髪をとかすようにして色を着けていきます。

 

 

地肌(頭皮)につきにくい造りになっていて
しかも一時的に染めるのではなく使い続けるうちに
髪そのものに着色していくとのこと・・・。

 

 

しかも髪にも頭皮にも優しい成分でつくられています。

 

 

シリコンの一種であるジメチコンが表示されていますが、
頭皮に着けるものではないので毛穴が詰まるといった心配もしなくて
大丈夫です。

 

 

簡単ひと塗り白髪カバーの全成分

 

【ダークブラウンカラー】
エタノール、水、ベンジルアルコール、(アクリレーツ/ジメチコン)コポリマー、乳酸、黒401、紫401、橙205、BG、マコンブエキス、加水分解コンキオリン、アボカドエキス、オタネニンジン根エキス、ボタンエキス、クチナシ果実エキス、ムラサキ根エキス、グアイアズレンスルホン酸Na
【ソフトブラックカラー】
エタノール、水、ベンジルアルコール、(アクリレーツ/ジメチコン)コポリマー、乳酸、黒401、紫401、橙205、赤227、BG、マコンブエキス、加水分解コンキオリン、アボカドエキス、オタネニンジン根エキス、ボタンエキス、クチナシ果実エキス、ムラサキ根エキス、グアイアズレンスルホン酸Na

 

 

良い口コミの多数意見

 

 

手軽、簡単、使いやすい

 

塗ったあと髪がべとついたりテカテカしない

 

臭いが気にならない(ほとんどしない)

 

乾くのが早い

 

お出かけ前にさっと使える

 

 

悪い口コミの多数意見

 

 

生え際(根本)を染めにくい

 

残量がわかりずらい

 

 

その他気になる意見

 

 

油性ペンのようなにおいがする

 

汗をかくと帽子などに色がつく

 

 

とにかく、簡単とか手軽といった意見が多かったです。

 

 

これでけ簡単に使えるのであれば、
産後の忙しいときにも使いやすいですよね♪

 

 

頭皮につきにくい造りのため、根本まできっちり染めたいという方には
物足りないかもしれませんが試す価値はありですね!

 

 

 

 

 

産後の白髪ケアにおすすめのシャンプー

 

 

最後に産後の白髪ケアにおすすめのシャンプーを紹介します♪

 

 

「haru黒髪スカルプ・プロ」 通称「haruシャンプー」です。

 

 

 

前述でトリートメントの成分も注意が必要というお話をしましたが、
haruシャンプーはトリートメント不要のシャンプーなんです。

 

 

いわゆる「ノンシリコン・アミノ酸系洗浄成分使用」の髪や頭皮に優しいシャンプーです。
しかも白髪ケア成分の「ヘマチン」も配合されています。

 

 

化粧品の専門知識のある産後ママさんが天然成分にこだわって作ったシャンプーなので、
産後ママに嬉しいことばかりが詰まったシャンプーで、

 

 

シャンプーだけでOKなので時短になる

 

もし赤ちゃんが舐めてしまっても心配のない成分
(まずくて泣いちゃうとは思いますが^^;)

 

産後の抜け毛や白髪の予防・改善によい

 

 

ただ子宮の収縮を促す作用のある柑橘系の精油が入っているので
妊娠中(特に初期)の方には強くおすすめできないのですが、
産後ママにはおすすめです♪

 

 

 

 

こちらにも掲載しているので確認してみてくださいね♪↓

 

スポンサードリンク


 
トップページ 産後ガードルランキング 骨盤ベルトランキング 産後シャンプーランキング