産後の抜け毛は高齢出産のほうがひどくなりますか? FXブログ
産後の抜け毛

産後の抜け毛は高齢出産のほうがひどくなりますか?

  • LINEで送る

最近では35歳以上で初めてのお産を経験される
いわゆる高齢出産の方も増えていますよね
なにかとリスクが高いといわれる高齢出産ですが
産後の抜け毛もより注意が必要と考えられます
というのも、年齢が高くなるにつれて
髪の毛の成長や持続などに深く関わる
女性ホルモンの量が減少すると
言われているからなんです
一般的に女性ホルモン量は30歳前後がピークで
30歳前半から少しづつ減少し、40代からは
減少量も多くなるといわれています
産後の抜け毛の原因は主に
妊娠中は妊娠を維持させるために増加した女性ホルモンが
出産によって急激に減少し元の量に戻ることで
起こると考えられているのですが

産後の抜け毛の原因はこちらに詳しく掲載しています
産後の抜け毛はなぜ起こるのですか?

年齢が高くなるともともとの女性ホルモン量が
少なくなっている可能性が高くなるので
産後の抜け毛が改善しにくくなると考えられるんです
とは言え、問題なく改善している方も
いらっしゃいますので
頭皮ケア(頭皮に優しいシャンプーなど)や
食事や睡眠などには気を付けて
あまり抜け毛を気にしないことも大切です
気にしすぎもストレスになり
育毛に良くないですからね

こちらの記事も参考にしてくださいね
産後の抜け毛は予防できるのですか?

産後の抜け毛対策にはシャンプーの見直しも大切です♪

産後人気シャンプー比較おすすめランキング