産後ガードルを使わないでも体型戻しはできますか? FXブログ
産後ガードル

産後ガードルを使わないでも体型戻しはできますか?

  • LINEで送る

産後、体型が変わってしまって
なんとかしなきゃ!というときのお助けアイテム
「産後ガードル」
でも、ガードルが苦手という方もいらっしゃいますよね
はたして産後ガードルなしでも
産後の体型戻しができるのか気になるところですが・・・
実は使わなくても大丈夫といえば大丈夫なんです
というのも、産後で一番ケアが必要なのは
骨盤の戻りを促すことなんですね
多くの産院でも産後すぐからの
「骨盤ベルト」の使用を勧めています
また、妊娠や出産で緩んだ筋肉を
産褥体操などの軽い運動で
回復させることでも大切
筋力を回復させることは骨盤の戻りを促すことになりますし
尿漏れや腰痛など産後トラブルも回避できます
その点、産後ガードルは骨盤というより
ぽっこりお腹やお尻の垂れを補正してくれるアイテムであり
産後すぐというより床上げが済んだ後から使用するものがほとんどなんです
このぽっこりお腹やお尻の垂れといったものは
骨盤のケアや、筋力を回復させたりつけることで
(特にインナーマッスル)根本的に解消されるといわれています
ただ、産後ガードルは体の外側から締め付けますから
そういったことでの効果は期待できるんです
たとえば、腕時計をしている手首のほうが細かったり
指輪をしている指が細くなったりという経験って
ありますよね?
そういった感じで産後ガードルも締め付けることで
身に着けている部分に脂肪がつきにくくなり
引き締め効果が期待できるんです
つまり、「産後ガードル」は産後の体型戻しを
体の外側から助けてくれるものであって
根本から解決してくれるわけではないとうことなんですね
適度な運動も必要ということになります☆
ですので、ガードルが苦手という方は
産後ガードルを使わずに骨盤ケアと
お腹や骨盤周りのインナーマッスルのトレーニングを頑張る!
ということでもOKなのです☆
それでも、産後ガードルが気になる!という方は
引き締めるというより温めることでダイエット効果が期待できるタイプの
トピナガードルというものがありますのでチェックしてみてくださいね♪

産後ガードル以外のおすすめ体型戻し方法

骨盤ベルト

妊娠・お産で開いた骨盤は産後3~4ヶ月くらいかけて
元へ戻っていくといわれています
その間に骨盤のケアを怠っていると
骨盤が正しい位置に戻らずに
様々な体の不調が起こりやすくなったり
太りやすくなってしまうともいわれています
そこで「骨盤ベルト」を使うことで
常に骨盤を正しい位置へ矯正してくれるので
正しい位置に戻りやすくしてくれます
骨盤ベルトの詳細はこちら

骨盤ショーツ

骨盤ベルトと同じように骨盤周りを引き締めてくれる
造りになっているショーツです
骨盤ベルトのように引き締め具合は調節できないものの
適度な強度で骨盤周りを引き締め
立ったり座ったりなど動くとズレやすいという
骨盤ベルトの難点を解消してくれるのが骨盤ショーツです
おすすめの骨盤ショーツはこちら

産褥体操

産褥体操は分娩当日~産後1ヶ月くらいまで行える
簡単な体操で、
妊娠・出産で緩んだお腹や骨盤周りの筋肉回復を促したり
血行を良くしたりします
産後の様々な体調不良を軽減・予防し
骨盤の戻りも促すので、
ぜひ行っていただきたい体操です
産褥体操の詳細はこちら

インナーマッスルを鍛えるエクササイズ

体の奥の方にある筋肉を鍛えることで、
骨盤を含め骨格が正しい位置に
矯正されるといわれています
産後には自宅でもできる
インスパイリング・エクササイズ」や
カーヴィーダンス」がおすすめです
インナーマッスルの詳細はこちら

ウォーキング

ウィーキングは赤ちゃんとのお散歩タイムや
買い物など家事や育児をしながらできるので
産後に向いてますよね
姿勢を正して、太ももの内側やお尻を意識して
歩くことで骨盤周りの筋肉をきたえることが
できます
ウォーキングの詳細はこちら
上記以外にも
「整体」「ヨガ」「ピラティス」「ジム」
などに通ったりDVDなどを利用するのもありです
最近では赤ちゃん連れOKのところも増えているので
興味のある方は検討してみてくださいね

  • LINEで送る