オメガ6脂肪酸って体に良いのですか?悪いのですか? FXブログ
産後ダイエット中の食事と栄養

オメガ6脂肪酸って体に良いのですか?悪いのですか?

  • LINEで送る

リノール酸などのオメガ6脂肪酸って大抵の植物油によく
含まれているけど植物性だから体に良いのよね?
そもそもオメガ6脂肪酸ってどのような働きが
あるのかしら?
など、油(脂質)は体にとって大切な栄養ですので
産後ダイエットなどをきっかけに詳しく知りたくなる方も
多いのではないのでしょうか
そこでこちらでは多くの食用油や食品に含まれている
オメガ6脂肪酸(以下オメガ6)について
色々調べてみましたので参考にして下さいね♪
実はオメガ6は体に必要な必須脂肪酸でありコレステロール値を
下げるなど体に良いとしてオメガ6を含む油が大普及したものの
近年では摂り過ぎによる健康被害が指摘されているそうなんです
オメガ6は種類によって働きなどが違うようで
適度な摂取では健康に良い働きがあるものの
過剰に摂取すると様々な症状が現れるようです


 

適度な摂取の場合

過剰摂取した場合

リノール酸

血圧を下げる、動脈硬化を防ぐ
悪玉コレステロールを減らすなど
善玉コレステロールが減り悪玉コレステロールが増える

アラキドン酸

記憶力や学習能力アップ、胎児・乳児の精神や知力の発達促進など がん、動脈硬化、アレルギー性湿疹、アトピー性皮膚炎などの症状を引き起こす

γ(ガンマ)リノレン酸

中性脂肪の低下、善玉コレステロールを増やす、アトピー性皮膚炎の改善、月経前症候群の改善など 特になし(とはいっても脂質はもともとカロリーが高いので摂り過ぎには注意が必要)

オメガ6が多く含まれる食品

リノール酸が多く含まれる食品

ひまわり油、コーン油、大豆油、ラー油、ごま油、マヨネーズなど

アラキドン酸が多く含まれる食品

鶏卵、豚レバー、わかめ、ぼら、さわらなど

γリノレン酸が多く含まれる食品

鶏卵、にしん、あゆ、さば、いわし、さんまなど
それぞれを多く含む食品をみると、日ごろよく食べていたり
売っている食品や外食などに使われている油が
多いことがわかりますよね
ですのでいつのまにか過剰摂取になってしまう可能性が高いそうなので
注意が必要なのだそうです
オメガ6は体の中でオメガ3とは違う働きをして補い合っているそうで
オメガ6とオメガ3を2~4:1の比率で摂取する事が大切なのだそうです
ですので現代人はオメガ6の摂取量を減らして
オメガ3の摂取量を増やすように
気を付けた方がよいのだそうです

オメガ3脂肪酸についてはこちらに掲載しています
オメガ3脂肪酸の効果や摂取方法など教えて下さい!

健康的にダイエットするためにも
体に欠かせない油(脂質)を
上手にとって美ボディを目指しましょうね!