授乳中も積極的に葉酸を摂ったほうがいいのですか? FXブログ
産後ダイエット中の食事と栄養

授乳中も積極的に葉酸を摂ったほうがいいのですか?

  • LINEで送る

妊娠の前や妊娠中は
できるだけ葉酸を摂った方がよいといわれるけど
授乳中はどうなのかしら?
など、授乳中も母体を通して赤ちゃんに栄養が届くので
心配になったりすると思います
そこで授乳中も葉酸は積極的に摂った方がよいのか
調べてみましたので参考にして下さいね♪
葉酸はほうれん草の葉から発見された水溶性のビタミンB群の一種で
細胞増殖に必要なDNAの合成に必要なビタミンであるため
妊娠前や妊娠中は積極的に摂取するように言われています
そしてあまり知られていなかもしれないのですが実は授乳中にも
積極的に摂取する必要があるビタミンなのだそうです
葉酸はビタミンB12と共に血液の赤血球の生成にも
深くかかわっているので血液を造り出すのに必要不可欠で
不足すると貧血へつながってしまうそうです
母乳は血液からつくられていますから
授乳中にも多めに摂取する必要があるということになります
ちなみに厚生労働省が推奨している1日あたりの摂取量は
以下になります 

単位:μg(1μg=1/1000㎎)


一般成人

240

妊娠前

400

妊娠中

440

授乳中

340


葉酸を多く含む身近な食品は
ほうれん草、ブロッコリー、アスパラガス、白菜、レタス
イチゴ、さつまいも、日本かぼちゃ、大豆、そら豆、納豆など
そういった野菜350g程度から葉酸400μgの摂取は可能だそうですが
近年の野菜不足の食生活により十分にとれていないことが多いそうで
厚生労働省ではサプリメントからの補給を勧めていそうです
それくらい大事な栄養素なのです!
母乳にはもちろんのこと良質な血液を造り出して
健康的に産後ダイエットを成功させるためにも
葉酸はぜひ摂取しましょうね♪

おすすめの葉酸サプリはこちらに掲載しています♪
授乳中で産後ダイエットにもおすすめのサプリはありますか?