産後ダイエット中の食事で気をつける事は何ですか? FXブログ
産後ダイエット中の食事と栄養

産後ダイエット中の食事で気をつける事は何ですか?

  • LINEで送る

産後ダイエットはしたいけど
育児には体力を使うので食事制限していいのかしら?
食事を減らして母乳に影響がないのかしら?
食事制限しないでも痩せられるのかしら?
など色々疑問がわいてきますよね
そこでこちらでは健康的で母乳にもよい産後ダイエット中の
食事のポイントをまとめてみました♪

栄養バランスのとれた食事を摂る

 

主食(炭水化物:ごはん、パン、麺など)

副菜(ミネラル/ビタミン類:野菜、きのこ、海藻など)

主菜(タンパク質:肉、魚、卵、豆腐などメインのおかず)

汁物(上記でたりない栄養をおぎなう、特にミネラル/ビタミン類)

乳製品

果物

以上の組み合わせで色々な食材をまんべんなく食べるとよいそうです!
バランスのよい食事は母乳にもよく、代謝機能を正常にし
痩せやすく太りくい体質になるそうです♪
授乳中は赤ちゃんと母体のために決して
「○○抜きダイエット」や「置き換えダイエット」など
極端に食事を減らすことはしないで下さいね!

1日3~5食摂る

 

理想は1日3食なのですが産後は赤ちゃんのお世話や家事や仕事と大忙しで
一回の食事をしっかり食べることすらままならないことも多いですよね
かといって食事を減らすのは母乳や母体によくないので、果物類や乳製品は
間食で摂るなどして1日3回分の食事を4、5回に分けて摂るのも手です!

多少のカロリーオーバーは気にしない

 

産後ダイエット時の1日の必要摂取カロリー目安
(身長:159cm 目標体重:52kgで活動量がふつうの場合)
ミルク育児:1700kcal前後
母乳育児:1700kcal前後+約350kcal(母乳の分-体重減少の分)=2050kcal前後

以上が産後ダイエット時のカロリー目安ですが
カロリーを気にしすぎるとストレスの原因にもなりかねませんので
カロリーよりは食事の内容に気を配って健康な痩せ体質になりましょうね♪

副菜や汁物でビタミン・ミネラルを多めに摂る

 

満腹感も得られ、知らずと全体のカロリーも抑えられます♪

主菜は高タンパク、低カロリーを心がける

 

鶏ささみ、鶏むね肉、牛肉・豚肉のももやヒレ、豆腐、納豆
などをつかったレシピで!
クックパッドでも高タンパク低カロリーのレシピが
多く紹介されていますので活用できます♪

炭水化物を抜くのは危険

 

炭水化物を抜いてしまうとかえって痩せにくい体になったり
疲れやすくなったり脳の働きが悪くなってしまうそうなので
適度に摂取することが大切なようです
ごはんでいうと1食でお茶碗に軽く1杯ぐらい
食べた方がよいそうです

よく噛む

 

食事をはじめて約20分後くらいから満腹と感じる満腹中枢が
刺激されるそうで、よく噛みゆっくり食べることで少量で
満足感が得られ食べ過ぎになりにくいそうです
根菜などを大きめに切るのも手ですね♪

ストレスをためない工夫をする

 

ストレスを溜めてしまうと反動でドカ食いなどしかねないですし
基礎代謝も下がってしまうそうでダイエットには逆効果になって
しまいます・・・
たとえば甘いものが大好きだったら完全に断つなどせず
少しは食べたり、食事以外でお腹がすいたときは低カロリーの
ものやかみごたえのあるものなどで間食をとるなどして下さいね♪