バストアップに効果的といわれているボルフィリンとは何ですか? FXブログ
産後のバストケア

バストアップに効果的といわれているボルフィリンとは何ですか?

  • LINEで送る

バストアップクリームによく含まれている「ボルフィリン」って
一体何なのかしら?
など、産後に限らずバストアップについて調べていると
プエラリア」を凌ぐバストアップ界の新成分ということで
「ボルフィリン」という成分をよくみかけるようになりますよね
そこで「ボルフィリン」とはいったい何なのかについて
調べてみましたのでぜひ参考にして下さいね♪
2007年にフランスの化粧品の有効成分の開発会社であるセダーマ社が
ユリ科のハナスゲの根に含まれる「サルササポゲニン」という成分の中に
脂肪を増殖させ蓄積させる働きがある事を発見し開発した成分なのだそうです
ですので一般的に商品などの成分表には「ハナスゲ根エキス」
表記されるそうです

主な特徴

塗った部分にだけ働きかけるそうです

期待される主な効果

脂肪の増殖促進
脂肪を蓄える働き(ボルフィリンを使用しなくなっても脂肪が減りにくい)

副作用について

今のところはっきりはわかっていないそうですが
開発したセダーマ社では効果を調べる為、実際に片方のバストに塗って
実験も行われており大きな副作用の報告も現在のところ無いそうです
しかし、まだ未知数の新成分には変わりないので必要以上に使用したり
しないように気を付けた方がよいと思います
ちなみにその実験では28日で6.6%バストアップし
56日で8.4%のバストアップに繋がったそうです
また、塗ったところの脂肪が増殖するとのことですので
念のためにクリームを塗った後はきちんと手を洗った方が良いそうです