抗酸化作用って何ですか? FXブログ
産後ダイエットの基礎知識

抗酸化作用って何ですか?

  • LINEで送る

よく抗酸化作用は美容に良いとか聞くけど
そもそも抗酸化作用って何なのかしら?
など、産後ダイエットに限らず美容や健康について
調べたりすると「抗酸化作用」という言葉が出てきますよね
 
こちらではその抗酸化作用とは何なのかについて
掲載したいと思いますので参考にしてくださいね♪
「抗酸化作用」を簡単に言うと
「体の酸化を予防する作用」
ということになるようです
でも「体の酸化ってどういうこと?」って思いますよね
鉄が酸化すると錆びるのと同じように
人間の体も体内で活性酸素というものが過剰になると
細胞が酸化し錆びる(ダメージを受ける)そうなんです
それを「体の酸化」と言うそうです
ではその活性酸素はどのようにして生じるかと言うと・・・
人間は呼吸をすることで酸素を体内に取り込みますよね
その取り込まれた酸素のほとんどは脂肪や糖分を燃やし
エネルギーに変える役割りを果たすそうです
ところが取り込まれた酸素のうち
最低でも約2%が活性酸素になるそうなんです
もともと活性酸素はその強い酸化作用で
体に入った細菌などを退治するという大切な機能があるのですが
過剰になると健康な細胞まで酸化させてしまうそうです
この「過剰な活性酸素」によってガンや糖尿病などの生活習慣病や
シワや白髪などの老化現象が引き起こされると
考えられているそうです
活性酸素が過剰になる原因はストレスや偏った食事、
食品添加物、タバコ、そして体外からの紫外線、放射線、
車の排気ガス、電磁波、環境ホルモンなど様々なのだそうです
現代社会で全ての原因を排除するのは
ほぼ不可能ですよね…
で、この「過剰な活性酸素を抑える作用」のことを
「抗酸化作用」と言うそうなんです
ちなみに抗酸化作用のある物質のことを
抗酸化物質」といい食品などに含まれているそうです
抗酸化物質を多く含む食品を摂って
体の酸化を予防しましょうね♪