褐色脂肪細胞を活性化させるのにはどのような方法がありますか? FXブログ
産後ダイエットの基礎知識

褐色脂肪細胞を活性化させるのにはどのような方法がありますか?

  • LINEで送る

褐色脂肪細胞」を活性化させると基礎代謝量があがって
痩せ体質になるというけど、どのように活性化させるのかしら?
食事制限によるダイエットのできない授乳中にも良さそうなので
やってみたい!
など、ダイエットで注目されている「褐色脂肪細胞」の活性化による
痩せ体質づくりはとても気になりますよね!
そこでこちらでは「褐色脂肪細胞」の活性方法について掲載したいと
思いますので参考にして下さいね♪

温冷刺激

褐色脂肪細胞は体が冷えると体温を保とうと
活動を始めるそうです
かといって、冷え症や低体温を招くような冷やし方は
体に悪く逆効果で褐色脂肪細胞の働きも鈍くなってしまいますので
下記のような方法で一時的に体に寒いと勘違いさせると良いそうです
手に温冷刺激を与える
冷点という冷たい温度を感じる部分が集中している手に
温水(約40℃)と冷水(約20℃)を交互に5回程度あてる
褐色脂肪細胞の存在する部位に温冷刺激を与える
褐色脂肪細胞の存在している首・肩甲骨に入浴時などに
シャワーで温水(約40℃)と冷水(約20℃)を交互に5回程度あてる

・温冷刺激は血圧が急激に変わるため人によっては重篤な症状を
引き起こす可能性があるそうです。気分が悪くなったり体調不良を
感じた場合はすぐにやめて医師にご相談下さい
・高血圧・心臓疾患・貧血・高齢者・その他体調不良がある場合は
行わないで下さい
・温度や回数は目安ですので無理のない範囲で行ってください

肩甲骨ストレッチ

肩甲骨付近には褐色脂肪細胞が集中しているそうで
肩甲骨を動かすことで褐色脂肪細胞が活性化されるそうです
gooダイエットでも紹介されている
GETTAMANさんの「肩甲骨ダイエット」は朝晩5分のストレッチなので
忙しい産後でもやりやすくお勧めです♪
気がついたときに肩甲骨を意識しながら肩を回すだけでも
よいですので日常生活に取り入れてみて下さいね♪

その他

姿勢を正しくすることで肩甲骨付近の血流もよくなり
褐色細胞細胞が活性化されるそうです
また、水泳は水の中で体温を保とうと褐色脂肪細胞が働き
泳ぐことで肩甲骨付近の筋肉も使うのでとても効果的だそうです