ダイエットでも注目されている褐色脂肪細胞とは何ですか? FXブログ
産後ダイエットの基礎知識

ダイエットでも注目されている褐色脂肪細胞とは何ですか?

  • LINEで送る

ダイエットで注目されている「褐色脂肪細胞」って何かしら?
と、脂肪細胞なのに脂肪を燃焼すると言われている
「褐色脂肪細胞」気になりますよね!
産後ダイエットの知識としても知りたいところだと思います!
そこで、「褐色脂肪細胞」について調べてみましたので
参考にして下さいね♪
まず現在、人間の体内には下記3種類の「脂肪細胞」があることが
わかっているそうです
白色脂肪細胞・・・余分なエネルギーを脂肪として蓄積
褐色脂肪細胞・・・蓄積した脂肪を燃焼して熱を生産
ベージュ脂肪細胞・・・褐色脂肪細胞とは違う熱生産を行う細胞
「白色脂肪細胞」は昔から知られている細胞で、
体内の余分なエネルギーを脂肪として蓄積し
太ると細胞が肥大したり増殖したりするおなじみの脂肪細胞です
一方、「ベージュ脂肪細胞」は近年発見されたばかりの細胞で
運動したり寒さを感じたりすると脂肪を燃焼し熱を生産する細胞で
とても注目を集めています
そしてこちらに掲載する「褐色脂肪細胞」も寒さを感じることにより
蓄えた脂肪が燃焼され熱生産するということがわかっており
肥満予防や治療、ダイエットに役立つとして注目を集めています
「褐色脂肪細胞」の数は個人差があり
年齢とともに減少するそうですが、活性化させることで基礎代謝が上がり
「痩せ体質」になると考えられています
また「褐色脂肪細胞」の数は基本的には増やせないと言われていました
ですが運動させたマウスと人間の「白色脂肪細胞」が減り
「褐色脂肪細胞」が増えたというハーバード大学の研究報告があり
運動によって「褐色脂肪細胞」が増える可能性もあるようです
また、全身に広く分布している「白色脂肪細胞」と違い
「褐色脂肪細胞」は首・肩甲骨・脇の下・心臓・腎臓付近にしか
存在しないそうです
ちなみにタレントのギャル曽根さんは遺伝的には太りやすい体質なのにも
かかわらず、褐色脂肪細胞が非常に活発なので太りにくくなっている
ということがテレビ番組の医療機関をとおしての検査でわかったそうです
ギャル曽根さん程になると満腹感が得られなかったり特別なことも
おこりそうですが脂肪を燃焼する「褐色脂肪細胞」や「ベージュ脂肪細胞」を
活性化させれば「太りにくい体質」になれそうなのはわかりますよね

「褐色脂肪細胞」の活性方法についてはこちらに掲載しています♪
褐色脂肪細胞を活性化させるのにはどのような方法がありますか?

  • LINEで送る