基礎代謝や新陳代謝とは何ですか? FXブログ
産後ダイエットの基礎知識

基礎代謝や新陳代謝とは何ですか?

  • LINEで送る

 

「基礎代謝」と「新陳代謝」って言葉が似ているけど
同じことなのかしら?それとも違うのかしら?
など・・・
産後ダイエットに限らずダイエットをしていると「基礎代謝」や
「新陳代謝」という言葉を良く聞きますが、きちんと意味が
わかっているかというと自信がなかったりしますよね。
そこでこちらでは「基礎代謝」と「新陳代謝」のそれぞれの意味、
そして「基礎代謝量の上げ方」と「新陳代謝の促し方」について
掲載したいと思います♪

スポンサードリンク




基礎代謝とは・・・

基礎代謝

「基礎代謝」は人間が生きていくために最低限必要な脳や心臓など
内臓を動かす・呼吸をする・体温を維持するといったことで、
寝ていても勝手に消費されていくエネルギーのことを言います。
この基礎代謝で消費される(使われる)エネルギー源は
主に「脂肪」
しかも一日のエネルギー消費量の6~7割を
この「基礎代謝」が占めているといわれています。
ですので「基礎代謝」量を上げることで
「痩せやすい体質」に近づけるということなんです!
ダイエットの際に基礎代謝量を上げましょうと言われる意味がわかりますよね!
では、その基礎代謝量を上げるにはどうしたらいいのでしょうか?
解説していきますね。

基礎代謝量の上げ方

基礎代謝量の上げ方はいくつかありますが、
できればすべてを意識しながらダイエットを進めていくことを
おすすめします♪

筋肉量を増やす

実は「基礎代謝量」はそのうち約4割が筋肉で消費されていて、
ほかの6割は心臓、脳、消化器、循環器、泌尿器などといった
自分の力ではほぼコントロールできない部分で
消費されていると言われているんです。
ですので自分で鍛えらる「筋肉」を増やすことによって
「基礎代謝量」を上げられると考えられています。
具体的には筋肉が1Kg増えるごとに約13kcal増える
と言われています。
それだけ!?と思うかもしれませんが、
筋肉を増やすためには運動を行うので、心臓や肝臓なども少し大きくなり
13kcalよりは多く基礎代謝量が上がるともいわれています。
また、運動によって基礎代謝以外でのエネルギー代謝も良くなり
トータルのエネルギー消費量は上がることになります。
ちなみにインナーマッスル(体の内側の筋肉)を鍛えると
いわゆるムキムキではなく、
女性らしく丸みのある体を維持しながら
筋肉量を増やすことができると言われています。
インナーマッスルを鍛えるには有酸素運動やストレッチなどが有効♪

インナーマッスルの鍛え方についてはこちらに掲載しています!→インナーマッスルはどうやって鍛えるのですか?

またアウターマッスル(体の外側の筋肉)を鍛えると
いわゆるマッチョな体型になり、
アウターマッスルは重い負荷をかけるいわゆる「筋トレ」といわれる無酸素運動
によって鍛えられます。
インナーマッスルを鍛えるのかアウターマッスルを鍛えるのかは
好みでよいと思いますが、
産後はインナーマッスルが緩んでいることが多いので
アウターを鍛えたい方はインナーも鍛えることをおススメします!

有酸素運動をする

ウィーキングなどの緩やかな運動で知られる有酸素運動。
有酸素運動は体に酸素を取り込みながら行うので
心臓や肺の機能が高まり基礎代謝量も上がるといわれています。

有酸素運動についてはこちらに詳しく掲載しています。
有酸素運動・無酸素運動とはどのような運動のことをいうのですか?
褐色脂肪細胞を活性化させる

蓄積した脂肪を燃焼させるという褐色脂肪細胞を活性化させることで
基礎代謝量が上がるといわれています。

栄養バランスの良い食事を摂る

食事は体をつくる大切なエネルギー源ですよね!
栄養バランスが悪いと体をつくるのに必要な栄養が
確保できなくなり筋肉量が下がってしまい、
結果的に「基礎代謝量」が下がってしまいます。
ダイエット中に嫌われがちな「脂質」や「糖質」も
体をつくったり動かしたりする大切なエネルギー源なので
抜きすぎてしまうと「基礎代謝量」が減ってしまいかねません・・・
また、「脂質・糖質」だけでなく過度な食事制限を行うと筋肉量が下がり
「基礎代謝量」が減ってしまうどころか、健康を損ないかねません!
ですのでダイエットだからと食事を減らすのではなく、
食事内容を見直し、栄養バランスの良い食事をとることを心がけましょうね♪

栄養バランスの良い食事についてはこちらに掲載しています。
産後ダイエット中の食事で気をつける事は何ですか?
体温を上げる

人間は体温を維持するためにエネルギーをつかうので
体温が高いほどエネルギー(主に脂肪)を消費する
ということになり「基礎代謝量」が上がると言われています。
一般的に体温が1℃上がると「基礎代謝量」が
約13%増えると言われています
仮にもともとの「基礎代謝量」が1100kcalだとして
体温が1℃上がったとすると「基礎代謝量」が
1243kcalにも上がるということになります!
また免疫力も1℃上がると約30%増すといわれています!
理想的といわれている体温は36.5~37.0℃くらいなので
低体温(36.0℃以下)だという方は美容や健康のためにも
できるだけ体温を上げるようにしてくださいね。

体温の上げ方についてはこちらに詳しく掲載しています!→体温を上げるのに効果的な方法はありますか?

新陳代謝とは・・・

新陳代謝

「新陳代謝」は古いものと新しいものが入れ替わることをいいます。
「新陳代謝」は体のほとんどの細胞で起こっていて、
体の老廃物を排出・浄化し、新しい細胞をつくり出しています。
といってもわかりにくいと思いますので(^^;)
具体的には・・・
髪の毛の抜け代わり
肌や爪の再生
汗をかく
排泄する
など・・・
そういった「新陳代謝」があることで
人間の体は常に新しい状態に保たれているということなんです。
ですので、
「新陳代謝」が良いと血行も良く疲れにくくなったり
お肌の調子が良くなったり、お通じがよくなったりと
美容や健康が促進されるということなんです♪

新陳代謝の促し方

血行をよくする

血液は体中の細胞に栄養や酸素を運んだり
二酸化炭素や老廃物を回収する役割をもっています。
ですので「血行」というのはとても重要で
血行が悪いと細胞から排出される老廃物を
回収する機能が低下してしまうんです。
老廃物が溜まってしまうと体も冷えやすくなり
消化器などの働きも鈍らせ便秘の原因にもなってしまいます。
ですので、冷え症や便秘、脚などにむくみが出やすい方は
血行が悪くなっている可能性が高いと言えます。
つまり血行が良くなると老廃物も効率よく排出され
新陳代謝が良くなりお肌の調子も良くなったりむくみが解消されたり
何かと体の調子が良くなるということなんです♪
また体も温まり「基礎代謝量」も上がるので
脂肪も燃焼されるようになります♪

血行を良くする為には体を温めること(体温を上げること)が重要
「体を温めることで血行がよくなり、血行がよくなることで体が温まる」
という相関関係にあります。

体温を上げる方法についてはこちらに詳しく掲載しています!→体温を上げるのに効果的な方法はありますか?

また血液がきれいでサラサラになるといわれる果物や生野菜など
「酵素」の多い食品やジュースもオススメです!
グリーンスムージー酵素ドリンクなどが良いです♪

お通じをよくする

汗など便以外の排泄物は血液が変化してできたものなので
血液をきれいにして血行をよくすることで排泄がよくなります。
が、便は食べ物のかすと腸内細菌の死骸などの老廃物でできているので
腸内に溜まってしまうと腸の壁から再び老廃物が体に吸収されて
血管に入り血液を汚してしまうそうなんです・・・
血液に老廃物がたまると血行が悪くなり新陳代謝も低下してしまうので
「お通じをよくする」ことは重要なんです!
「お通じをよくする」ためには野菜やさつまいも、ヨーグルトなどから
「食物繊維」や「乳酸菌」を摂ると良いのは有名ですよね!
有酸素運動」や「腹筋運動」なども
腸の働きをよくするのでよいと言われています♪
また水分摂取も重要で、体重1キロにつき40mlが1日に必要な
水分摂取量と言われていて、水分は食事からも1L前後は摂取できるので
体重が50㎏だとしたら1日に水を1Lは飲んだ方がよいということになります。
そういったことで、腸内をきれいに保って新陳代謝を促しましょうね

ということで「基礎代謝」と「新陳代謝」は言葉は似てはいますが
意味は全然違うということがおわかりいただけましたでしょうか!
美しくダイエットするためには
「基礎代謝」量を上げ「新陳代謝」を促進すことが大切
ということになりますので、それぞれを意識してダイエットを成功させましょうね!

  • LINEで送る

すぐに役立つ産後美ボディメイク特集&注目ランキング!


産後のぽっこりお腹を【解消】させた方法


 


授乳中からナイトブラ!の【効果】


 


人気産後ガードル【比較ランキングBEST4+2】


 


産後人気シャンプーおすすめランキング!BEST8


ホームページへ